インペラー

ポンプ内部に使用されているインペラーは液体を遠心力使って外方向に移動させ、内部にあるダクトに液体を送り込む役割を持つ部品で羽根車の形をしています。羽根車には羽根が数個取り付けてある、モーターを回転させるとモーターの軸についている羽根車が高速回転運動を始める、液体は外方向に遠心力で押し出されるようになるので、汲み上げて送り出す動作を可能にしてくれます。長くポンプを使っていると、羽根車の羽根が曲がってしまう、液体を移動させる時に生じる摩擦で磨り減ってしまうなど交換が必要になります。交換時にはポンプの取り扱い説明書やメンテナンスマニュアルなどに記載してある通りに分解してから洗浄を行い、正しい位置に取り付けてからグリスの塗布、そして組み立てを行などが大切です。

交換時には取り扱い説明書などを用意しましょう

ポンプは点検を行ったり、メーカーの定期点検を受けるなどして常に効率良く運転が出来る状態にしておく必要があります。ポンプ内部には羽根車とも言われているインペラーがありますが、羽根の摩耗や損傷などで部品の交換が必要になるケースもあります。この羽根車は羽根が剥き出し状態になっているオープン型、外板が取り付けられていて、内部に羽根車が収められているクローズド型の2種類があります。どちらのタイプの場合でも、交換時には取り扱い説明書に記載がある手順を見ながら行いましょう。また、取り扱い説明書には交換部品の紹介が行われており、同じ部品を購入する時などは、品番をメモする、通販店を利用して購入する時には品番で検索するとポンプに使える羽根車を選べるようになります。

メーカーに直接依頼する方法について

ネット通販を利用する事で取り扱い説明書に記載ある品番を検索すればインペラーを購入する事も出来ますが、通販サイトで見つからない時には、メーカーに直接連絡をすれば購入が出来ます。この場合も、ポンプに付属されている取り扱い説明書が必要になります。取り扱い説明書にはメンテナンスや日常点検の方法、交換部品の品番などが明記してありますし、消耗部品でもあるインペラーの交換手順や注意点なども記載が行われています。さらに、交換部品を入手したい時の連絡先なども記載があるので、通販店で見つからない時などは連絡先に電話をするなどして注文するのが良いでしょう。ちなみに、消耗部品の中にはパッキンもありますが、パッキンの劣化が生じている時などは合わせて購入して交換しておくのがお勧めです。